Skip to main content

ラップトップサブウーファーとは

  • Arthur

ラップトップサブウーファーは、ラップトップコンピューターで低周波音を作成するために使用されるスピーカーです。 ラップトップで使用できるサブウーファーには主に2つのタイプがあります。コンピューターに組み込まれているサブウーファーと、オーディオを聴くときにプラグインできるサブウーファーです。 ラップトップコンピューターのサイズにより、高品質のサブウーファーをその中に収めることが難しくなるため、内蔵のラップトップサブウーファーは、高品質のローエンドサウンドを生成しない場合があります。 プラグインサブウーファーはしばしば大きく、特にポータブルではありませんが、自宅で使用してラップトップのサウンドシステムを向上させることができます。

サブウーファーは、機能とデザインの両方で他のスピーカーと非常によく似ています。 それらは、音波を部屋に押し込む振動面を作成することによって音を生成します。 サブウーファーは他のタイプのスピーカーとは異なり、200ヘルツ(人間の声の範囲のほぼ中央)未満の周波数の音しか生成しません。 ラップトップサブウーファーは、他のタイプのサブウーファーと同様に、これらの低音を生成します。 より高い周波数の音は、ラップトップ上の他のスピーカーによって生成されます。

場合によっては、ラップトップサブウーファーがコンピューターに組み込まれています。 ある場合、ケースの外側から見えるようになり、下部に配置されます。 このタイプのラップトップサブウーファーは小さなディスクのように見えますが、ラップトップのコンパクトなフレーム内には大きなサブウーファー用の十分なスペースがないため、通常直径は1インチ(2.5センチ)以下です。

内蔵のラップトップサブウーファーの機能は制限されます。 通常のサブウーファーは、サブウーファーが高品質の低周波音を生成するのに十分なスペースを確保できるように、通常少なくとも深さ数インチ(10センチほど)です。 深さが1インチ(2.5センチ)未満のサブウーファーによって生成されるローエンドサウンドは、高品質ではありません。

高品質の低周波サウンドを生成するには、外部のラップトップサブウーファーを使用する必要があります。 これらのデバイスは通常、一対の外部スピーカーに接続され、オーディオジャック、ユニバーサルシリアルバス(USB)、またはファイアワイヤバスを介してラップトップに接続します。 これらのラップトップサブウーファーはしばしばかさばり、ラップトップと一緒に持ち歩くように設計されていません。 ただし、自宅や職場でラップトップを頻繁に使用する場合は、必要に応じてサブウーファーを含む外部スピーカーシステムをラップトップに接続できます。